top of page

7月9日(土)つなぐ横丁×MamaLady食育フェス〜本気のお店屋さんごっこ〜2022が終了しました。

第2回目となる、札幌つなぐ横丁での「本気のお店屋さんごっこ」シリーズが7月9日(土)に終了し、限定200名の親子で、食と職の体験、また縁日を楽しみました。

※イベント写真がまだできておりませんので、いただいたスナップ写真にて更新しておりますことをご了承ください。


15店舗の本物のお店屋さんを15ブースに見立てて、お寿司を握ったり、焼き鳥を焼いたり、馬刺しを切ってみたり・・・

思い思いに体験をしました。


今回から食の体験だけでなく本物のBAさんによる美容部員体験や、本物の歌手、佐藤広大さんによるレコーディング体験など、職業体験の種類も増えました。


開店前の様子。普段は入れないお昼の横丁の階段を上がっていくと、受付に。

受付では次回の参加費にも使える1000円分の金券、館内で使える3000円分のチケット、そして体験気分を盛り上げるコック帽をお配りいたしました


受付では、悩みや不安を解消して 働きたいと考えている子育て中の女性をサポートする札幌市の窓口、ここシェルジュSAPPOROのフライヤーもお配りしました。


開場と同時に長蛇の列となり、急遽受付を2倍にし対応いたしました。

次回からは受付にWEBチケットを導入し、皆様をよりお待たせせずお迎えできるよう工夫いたします。


コック帽を被ると体験への意気込みもアップしますね!


開場直後、皆様館内の地図を片手にどこの店舗から回ろうかな?と散策。


お好きなブースから体験。

MamaLadyブースでは、育児用品とママのケアグッズの詰め合わせMamaLady Boxの展示と

サントリーさんのご好意で、来場者様全員に「なっちゃん」をプレゼントいたしました。


受け取ったお子様たちは「これ大好き!」と笑顔いっぱい。

ママもパパも、美味しく喉をうるおしました。


15店舗の本物のお店で本物のお店のお兄さん、お姉さんに作り方を教えてもらいながらの職業体験。

餃子作り体験では、真剣に作り方のレクチャーを受けている様子も。

縁日コーナーでは夏らしいかき氷や、フランクフルト、ヨーヨーすくい、輪投げなどを楽しんでいました。



館内で使える「つなぐ」通貨でお金の勉強も


子どもたちは「つなぐ通貨」を持ってさまざまな体験に挑戦。

3000つなぐでちょうど1日遊ぶことができ、お得でしたとの声が多かったですが、足りなくなったら、追加購入も可能です。


そして、今回は「つかう」だけでなく「かせぐ」体験も。

1体験につき100つなぐが「お給料」として支払われました。


100つなぐの使い方は自由。

4枚〜貯めてまた体験するもよし、金券として使うのもよし、次回まで持っておいて次回使うのもよし、でした。


体験の様子

ヨーヨー釣りではフランクフルトもセットで大人気でした。

焼き鳥屋さんで焼き鳥を焼く体験!気合十分!

自分で作った海鮮丼をママに運んで、ママをおもてなし!

馬刺しを切ってみる体験は、ママもパパも大喜び?!

本物のお寿司屋さんでお寿司職人になりました。みんな上手にできましたね!

BA体験では、ご希望のお子様にはメイクアップ体験も。

たこ焼き体験では真剣に作成。お好きな具を入れられます。

自分で具を選んでおまかせ丼つくり!

上手にできました!

そして、閉店間際に、なんとこの日のために、本物の焼き鳥屋さんルックのお子様を発見!

お母様の手作りだとか。すごいですね!!

こちらはなんとお寿司屋さんルック!

衣装からこだわると更に特別な1日となりますね。

全ての店舗で通常のメニューも飲食できたので、お子様たちの体験を見守りながら、パパ、ママ、おじいちゃん、おばあちゃんが飲食をしながら、写真撮影をしたり、動画を撮ったりと楽しんでいました。


【企業ブース紹介】

アクアクララ様

ガラポン抽選会を開催いたしました。


金賞 ハリオご飯窯or長期保存食セット「イザメシ」

銀賞 ツイスパソーダ(電源不要! 普通の水がすぐに炭酸水に変身! )

銅賞 オリジナルボールペンorハンドタオル

トドック様


〜2歳のお子様に絵本プレゼントのご案内


・アンケートにお答えいただいた方の中からもれなくコープ商品プレゼント

トドックで人気の3商品の中からお選びいただけます。

1,きんぴらごぼう飯の素3合炊き1瓶

2.コープたまごスープ5食入り

3コープコーンスープ8袋入り


KOSE様

もっともっと綺麗に変身!本物のBAさんから教わるBA体験では、目を輝かせた子どもたちが真剣に体験していました。

お化粧品が当たるガチャガチャも大人気でした。

次回の開催は11月12日(土)です。

職業体験の内容や、企業ブースの更新はこれからなので変更がございますが、早期申し込みを開始しておりますので、ご興味ある方は是非お早めにお申し込みください。200名の定員に達し次第、締め切りとなりますのでご了承ください。


お申し込みはこちら


SNS掲載

素敵に感想を掲載してくださった皆様の投稿を一部掲載いたします。


参加者様の声

参加後、DMやメールにていただいたご感想の一部を掲載いたします。


・お手伝い好きの娘はとーーっても楽しんでました🥳素敵な企画ありがとうございました❤️まだやりたいものもあったんですが、時間が足りなくて全部回り切れなくて残念でしたー🥺11月の開催も楽しみにしてます❤️‍🔥

・総じてとても楽しかったです!企画や準備、どうもありがとうございました♫

・もともと子どもに何かを体験させるということが大好きな上、我が家は9・7・4歳の3人と、全員が参加できて全員が楽しめるというイベントがなかなかないのでこれならみんなで行ける!と思って申し込みました。

・入場時にそれなりに並んだので、その間に一言何かアナウンスがあったら良かったなと思いました。(「ただいま順次案内していますのでもう少しお待ちください〜」のような)

【運営より】※お待たせしてしまったこと大変申し訳ございませんでした。

・イベントでは待ち時間があると子どもがぐずぐずして大変になっちゃうところ、今回はとてもちょうどいい混み具合だったように思います。

・ひとつの体験にかかる時間もちょうどよく、テンポ良く複数を回ることができました。

・このために用意されたスペースではなく、普段本当に働いている本格的な場所でお仕事体験をさせてもらえるのは子どもたちにとって良い思い出になりました✨つなぐ横丁の全体的な屋台の雰囲気のおかげで、大人もわくわくした気持ちになれました。

・お店の方の対応も素敵で、たん焼きの女性スタッフの方(「さき」さんという名札をつけてました)は4歳の末っ子にとても優しく話しかけてくださり、その交流もとても楽しそうでした。

・たこ焼きのブースなど次の順番待ちがどういうふうになっているかがわかりづらかったので(私が聞いたときはひと組30分かかる、基本的に空いたらそのときに待ってる人に入ってもらう形と言われて、そんなに待てないなぁと思って諦めました)順番待ちのシステムがもっとわかりやすかったらいいなと思いました。とはいえ、だいたいの場所ではそんなに待たずに体験できたので良かったのですが♫

【運営より】※焼き時間に時間がかかってしまい、お待たせしてしまい申し訳ございませんでした。次回から待ち時間の表示ができるよう工夫いたします。

・定員が去年の2倍だと聞いて…混み具合が本当にちょうど良かったので、すごいなぁって思いました✨子どもではなく大人の人数で参加費が決まるシステムも斬新で面白かったです!(大人ふたりで子ども3人分にするのがちょうど良かった)

・食べ物飲み物全て注文できたんですね!それなら色々食べてみたらよかった💦なかなか子どもがいると飲みに行く機会はないですが、おいしそうなメニューがたくさんあってまた行ってみたいなと思いました🎵

・ななさんファンのお友だちにとても羨ましがられました(笑)イベントお疲れさまです!また次回も楽しみにしています😊

・生ななさんに会えたのも嬉しかったです🌼これからもイベント楽しみにしてます💕

・今回、三姉妹を連れてイベントに参加させてもらいました!お酒が大好きで、親も子も本当に楽しいイベントでした🙇‍♀️💕次回の予約も早速しました😂楽しい企画、ありがとうございます!

・企業ブースが主張しすぎててちょっとやだなぁ…というママ向けイベントにも過去参加したことがあるのですが、今回はそこまで主張しすぎず、良い感じだったのがありがたかったです😊

・体験でもらえる食べものだけだとお昼ご飯には少し物足りなかったので、純粋に注文できる飲食のものがもう少しあってもいいかなと思ったのですが、そうすると体験との両立が難しいかもしれないですね🤔

【運営より】※全てのメニューが飲食可能だったのですが、ご案内が行き届いておらず申し訳ございませんでした。

・これは飲みたくなるメニューだなぁとつぶやいたら「出せますよ!」と言われてレモンサワーをいただきました。個人的には昼間からお酒が飲める親子イベントってすごくいいなと思いました(笑)



取材履歴

・北海道新聞


次回11月12日の取材・出店のご希望はinfo@mamalady.co.jpもしくは、お問合せフォームよりお願いいたします。

※誠に勝手ながら「ママに嬉しい」を出店の基準としておりますので出店のご希望に添えない場合がございます。ご了承ください。





特集記事
最新記事
カテゴリー
アーカイブ
タグ
キーワードでサイト内を検索
bottom of page